これから考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 三番瀬の水鳥 A

<<   作成日時 : 2012/09/10 21:56   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

「オオソリハシシギ」

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


クチバシの先が逆に下に曲がってる個体もいた 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
このオオソリさん、少し先が曲がってますね。
固いトコにクチバシ突っ込んじゃったのかな??
ぶんぶん丸
2012/09/10 23:13
オオソリハシっていうからに、大きいシギさんなんですね。
ウミネコと比べても大きいのがよく分かりますね。
内側に曲がったクチバシのコは、「ソリハシ」とは呼べないね〜(笑)
こんなコをよく見つけたね。
karake
2012/09/10 23:31
あらぁ、ホント、そっていない嘴だ!
これでもオオソリハシシギって言うんですよね。
あっこ
2012/09/11 09:04
生まれつきかな〜
後天的かな〜?
餌捕りに不自由がなければいいんだけど…

波が静かに寄せて水鳥たちのユートピアですね

孤独さん しつこくてすみませんが「小鈴まつり」エントリーします?
外野で眺めているほうが楽しいですか〜??
銀の小鈴
2012/09/11 16:20
 ぶんぶん丸 さんへ
下にクチバシが曲がった鳥
なんて名前かネットで写真を貼って聞いてみました

「オオソリハシシギの雄夏羽から冬羽に変わりつつあるところです。
近縁のオグロシギは真直ぐの嘴、チュウシャクシギなどは下に反っているなどとだけ
覚えていると、こういう変則的な個体で迷いがでるかも知れません。
鳥の嘴は一見硬くて変形しようがないように見えますが、実は我々の爪のように軟質
プラスチックのような自由度をもっていて、外傷や外圧などで容易に変形します。
また、採餌時には先端部のみがハの字状に開く様子が写真撮影でしばしば確認できます。」

上記の回答を頂きました 
『孤 独』
2012/09/11 18:28
 karake さんへ
そうです
ソリハシシギより躰も大きくクチバシも長いです

>内側に曲がったクチバシのコは、「ソリハシ」とは呼べないね〜(笑)
 うん、不思議に思ってネットで聞きました
 回答は上記の「ぶんぶん丸 さん」のところに書いたとおりです

 シギチの名前は特にわからないね〜 
『孤 独』
2012/09/11 18:33
 あっこ さんへ
珍しいでしょ ^^;
ネットで名前を聞きました
回答は「ぶんぶん丸 さん」のところに書いたとおりです
『孤 独』
2012/09/11 18:36
 小鈴 さんへ
何でかな〜
「ぶんぶん丸 さん」のところに書いたとおりです

三番瀬は東京湾です
貴重な干潟で水鳥が集まる場所です
かって埋め立てられそうになり大変でした
守られてよかったよ ^^;

>外野で眺めているほうが楽しいですか〜??
 うん、結果がとうか眺めさせていただきます ^^;
『孤 独』
2012/09/11 18:45
孤独さん、こんばんは
いろいろなシギチをきれいに撮られましたね!!
オオソリハシシギは、まだ見たことがありません。
ita-san
2012/09/11 20:34
随分クチバシが長いのですね。
獲物を捕るのに便利そう!
>我々の爪のように軟質
触ったことは無いけれど、かなり硬いものだと思っていました。
☆SAKURA
URL
2012/09/11 21:36
 ita-san さんへ
コンバンワ

三番瀬は近くて水鳥が多く楽しいところですね
日差しを遮るところはないですけどね ^^;

オオソリハシシギは数羽しかいませんでした
『孤 独』
2012/09/11 22:36
 ☆SAKURA さんへ
長いクチバシでしょ
もっと長い水鳥もいるのですよ ^^

クチバシがあまり硬いと折れやすいからかな〜??
『孤 独』
2012/09/11 22:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三番瀬の水鳥 A これから考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる